Labor and Social Security Attorney

代表プロフィール

日本は未曾有の超高齢社会を迎え、これからの時代をどう働き生きていくか、私たちにとって大変重要なテーマといえます。 企業においては、柔軟かつ多様な働き方の選択肢を増やし、従業員のライフキャリアを支援していくことが、選ばれる企業になるために、ますます欠かせなくなるでしょう。雇用管理の在り方を、見直すべきときが来ています。

グレース・パートナーズは、多様な働き方ができる雇用環境の創出に向けて、人事労務面からプロフェッショナルなアドバイスを行うとともに、企業と従業員の成長発展のため、誠実にサポートして参ります。

そして、働く人たちが年齢や性別などにとらわれることなく、一人ひとりが才能を発揮し、活躍の場を拡げられるような社会の実現に向けて、貢献して参りたいと思います。

グレース・パートナーズ社労士事務所&グレース・パートナーズ株式会社 代表 佐佐木 由美子

略 歴

人事労務コンサルタント、社会保険労務士 中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)

米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月に社会保険労務士事務所を開業、その後グレース・パートナーズ株式会社を設立し代表に就任。 中小・ベンチャー企業を中心に、人事労務・社会保険面から経営を支援し、親身なコンサルティングで多くのクライアントから支持を得ている。 また、出産後も女性が働き続けられる雇用環境の整備をはじめ、女性の雇用問題に積極的に取り組んでいる。働く女性のための情報共有の場としてSalon de Graceを主宰。

著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険手続きがまるごとわかる本」(ソーテック社)、「35歳までにはぜったい知っておきたいお金のきほん」(アスペクト)、「知らないともらえないお金の話~病気、ケガ、育児…人生の転機でもらえる給付金制度活用術」、その他に新聞、雑誌等に多数の取材記事がある。

現在、東洋経済オンラインに「人生100年時代を生き抜く働き方」、日経doorsに「アラサーキャリア再出発」、NIKEI STYLE【WOMAN SMART】に「人生100年時代のキャリアとワークスタイル」を好評連載中。

厚生労働省「育児プランナー」(2017年度) 内閣府「企業等における仕事と生活の調和に関する調査」企画委員(2018年5月~2019年3月) 所属団体:日本労務学会 東京都社会保険労務士会港支部

読売新聞オンライン寄稿(多様な働き方が選択できる社会へ

本サービスのご依頼やお問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。